季節のブレンド SUMMER

6月〜8月 期間限定 季節のブレンド SUMMER


ホットでもアイスでも


季節のブレンドの中では一番深煎りにしています。
「アイスコーヒーに向いている豆はどれですか?」
よく質問されるのですが、
「アイスコーヒーはどんな豆でもできます」
とお答えしています。
けしてなげやりな気持ちではありません。
本当に、そう思っております。
ホットもアイスも、自分の好みの味のものであれば苦くでも酸っぱくても、
その人の中にあるおいしさの基準に合っていればOKだと思っています。

一般的に「アイスコーヒー」として出されるものは、
すっぱいか苦いか、と聞かれたら苦い方が多いと思います。
氷で割ることや、ミルクやシロップを入れたときにコーヒーの存在が隠れてしまわずにいられるのは、
苦味やそれに伴う力強さある深煎りの豆かもしれません。
当店で人気の、通年ご用意しているブレンド「くろみつ」や、
インドネシア(マンデリン)なんかがおススメです。


夏もコーヒーを楽しみましょう

一方、中煎り〜中深煎りのケニアエチオピアのアイスコーヒーもとってもおいしいと思っています。
本店がオープンした当初は、お豆とテイクアウトのドリンクを販売していたのですが、
※現在 本店は豆の販売のみ。お飲み物の道具はほぼすべて2号店に持って行ってしまいました。
お客様にとってもとっても好評だったのはエチオピアのアイスカフェラテ、アイスアメリカーノ(エスプレッソのお水割り。見た目はアイスコーヒーです)でした。
この豆でアイスドリンクを作っていたのは単純に、自分たちが好きな味だから、です。
甘酸っぱいモカでも、酸っぱいだけではなく酸味と甘みのバランスが良くコクもあり、そして圧倒的なフレーバーがあるので、お水や牛乳で割ってもおいしく飲めます。

アイスコーヒーは苦いもの、とは決めつけずに、いろいろ楽しんでみてはいかがでしょうか。


と、言いつつ、夏のブレンドはコク深煎り(深煎りの中でも深い)です。
「夏でもコーヒーはホット派」という方も多いと思います。
ホットでもアイスでも、どちらでもお楽しみください。

2号店のメニューにある「水出しアイスコーヒー」と、
リキッドコーヒーはこの「夏のブレンド」で作っています。
コーヒーゼリーにしても良いと思います。

ぜひ、いろいろお楽しみください。




販売価格
550円(内税)
グラム
挽き具合
購入数