カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
冷めても美味しい
ホンジュラス ヒレス農園
680円(内税) 〜 3,050円(内税)
各オプションの詳細情報
グラム
挽き具合
ホンジュラス ヒレス農園
680円(内税) 〜 3,050円(内税)
☆マイルド☆

風味 リンゴ、オレンジ、ヨーグルト
甘味 カラメル
質感 なめらか

今回のホンジュラスは中煎りです。
これまでは中深煎りから深煎りにすることが多かったのですが、
今回のヒレス農園の豆は、生産処理がアナエロビックファーメンテーションという、最近人気の処理方法で、
中煎りにすることで、豆が持つポンテンシャルがわかりやすく出ると考えたからです。

アナエロビックファーメンテーションは、コーヒーの実を収穫して、コーヒー豆になる種を取り出し乾燥させる過程で、空気を抜いて密閉させた状態で発酵させます。
そうすることで新しい風味を作りだし、この豆は後味にヨーグルトのような発酵食品の香りが優しく広がります。
クセが強いわけではありません。
もともとあるリンゴやオレンジのような酸味と香ばしい香りと調和の取れる程度のヨーグルト風味です。

そしてもう一つの特徴は、冷めても美味しいところ。
冷めたほうがコクを感じられましたし、酸味の強さや香りに大きな変化は無く、ゆっくり飲んでも最後まで美味しく飲めます。





生産国、エリア:ホンジュラス
標高:1,600m
品種:カトゥアイ
生産処理:アナエロビックファーメンテーション


レッドハニー
中米にあるコスタリカのコーヒー農家さん達は、自分たちにしか作れない味を生み出そうと
様々な挑戦を行っています。
コスタリカの豆で良く聞かれる「ハニー製法」もその一つ。
とってもおいしそうな名前ですね、ハニー。
コーヒーの実を収穫したあとの処理の仕方で、
簡単に言うと、収穫後、果肉をどれくらい除去したらどんな味になるのか・・・
果肉の除去具合によってホワイトハニー、イエローハニー、レッドハニー、ブラックハニーなど呼び名があり、
それぞれの味が生まれます。